~ 人間の土台を育てる ~
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • おおぞら保育園

おおぞら保育園

「みんな」のなかで(5歳児)

小さいときは、自分と一人の他者 例えば、お母さんと自分というように それぞれの他者との間に関係を作っていくのですが、 4,5歳になると集団の中での自分というように 子どもの話にも「みんな」という言葉が多くつかわれます。 …

たべることは意欲です

赤ちゃんの頃からしっかり意欲を育てましょう。 誰かに運んでもらうのではなく、自分の力で自分の行きたいところに行く。 誰かにスプーンで口に食べ物を運んでもらうのではなく 自分の手を伸ばして食べ物をつかみ、自分の手で口に運び …

仲間のかなかでそだつ(5歳児)

相手と自分はちがう そうわかってくるからこそ 今度は、もっと深いところで相手の気持ちを察したり 心配したり 相手の気持ちを受け止めたり 相手の喜びや悲しみに共感できたり できるようになるのです。 話し合いの場面でも、自分 …

不便さは子どもを育てます。

これは先日年長と行った高知で入った五右衛門風呂です。 私が小さかった時、家には五右衛門風呂がありました。 お風呂の焚き付け、風呂水のくみ出しは子どもの仕事でした。 風呂水をくみ出すとき風呂水の中に頭から落ちたこともありま …

しっかりと食べられる子に

赤ちゃんの運動発達は次のような法則があります。 ・屈曲優位から伸展優位へ (曲げている姿勢から、手を伸ばしてまげ、足を伸ばしてまげの繰り返しから伸筋を強くしていきます。) ・中心から末端へ ・上(頭側)から下(末端)へ …

Page 1 / 9712»

カテゴリー

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

26人の購読者に加わりましょう

PAGETOP
Copyright © NPO法人おおぞら保育会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.